名作!!フォレスト・ガンプのあのシーンから学ぶ英会話

今回は、あの有名な映画フォレストガンプの名場面、名セリフから英語を学んで行きたいと思います。

no name
いつも街中で走ってるウーバーイーツの配達員見てリュック、流石に大きすぎひん?って感じてる泉です。

今日は映画のワンシーン切り取って記事にしてみました!!

 

まず始めに、フォレストガンプってどんな映画というと1994年に公開されたアメリカの映画なのでかなり古い映画になります!
物語は他人より知能指数は劣っているが、誠実で好奇心溢れる主人公のフォレスト・ガンプの半生を描いているヒューマン・ドラマです。

前回ROOTSに映画で英語を学ぶにはネットフリックスがおすすめという記事をあげたので、今日は少しだけ映画ネタで書いていきます!!

海外ドラマを英語字幕で!Netflixがオススメな理由と海外からの視聴方法!

あの名言が生まれた、オープニング

映画の始まりのシーンは、映画のアイキャッチにもなっている、フォレストがベンチに座っているシーンから始まります。
そこに一台のバスが通り、女性がベンチに座りフォレストが一方的に声をかけて物語が始まっていきます。


Hello.My name’s Forrest Gump.

こんにちは、僕はフォレストガンプ。


Do you want a chocolate?

チョコレートどうです?


I could eat about a million and half of these.

僕は150万個でも食べれるんだ。


My mama Always said.

ママがよく言ってた。


Life was like a box of chocolates.You never know what you’re going to get.

”人生はチョコレートの箱みたい、食べるまで中身は分からない”

この”人生はチョコレートの箱みたい”ってフレーズはこの映画を知らない人でも知っている方もいるのではないでしょうか、よく海外ドラマなどで引用されているセリフですね!!

とにかく人生は何が起こるか分からないということで、しかも行動しないと何も分からないままってことかなと勝手に解釈しています。笑

続いてはあの名場面!!

あの名場面、走り続けるフォレストガンプ

(理由もなく走り始めるガンプ氏)

That’s day for no particular reason,I decided to go for a little run.

その日、何の理由もなく、僕は少し走ろうとおもった。


My mama always said ”you got to put the past behind you before you can move on” And I think that’s what my running was all about.

ママが言っていた”過去を捨ててから前へ進みなさい”と僕が走ったのはそのためだ


I had run for three years…..two months…..14days and 16hours.

僕は結局3年と、2ヶ月14日と16時間走り続けた

(3年以上も走り続けたガンプ氏) 引用:http://useisha.jp/blog/1097/

ガンプ学習まとめ

映画だったり、歌だったりは直訳すると意味が変わってしまったりするので、英会話のニュアンスをつかもうと意識するのがいいかもしれません!!

もし英語に挫折したらガンプみたいに走ってみましょう!!笑
ちなみにガンプが3年以上走って最後に言ったセリフは、

I’m pretty tired.(僕はとても疲れた)

Think I’ll go home now.(うちに帰る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です