オーストラリアのファームで日本代表になった男の海外体験談【後編】

オーストラリアのファームで日本代表になった男の海外体験談【前編】

前回のヒデキシリーズの続編になります、この章ではよく耳にする、オーストラリアの荒稼ぎ事情について切り込んで行きたいと思います!!


イズミ
その1ヶ月の集中期間が終えれば、いよいよオーストラリアで仕事を始めると思うんですが、現地ではどうやって仕事を見つけましたか?

稼げる!!って情報は入ってたとしても、実際稼げる場所に辿り着くのは結構大変だったんじゃないですか?
ヒデキさん
大変でしたね。

やっぱ最初は学校に行ったら仕事とか斡旋してもらえるのかなぁと思ってたんですけど、そんな事は一切なかったです。

イズミ
そうなんですね。
ヒデキさん
履歴書の書き方とかは教えてくれるんですけど、仕事見つけるのは自分で頑張れみたいな感じで、ジャムズTVっていう日本語でオーストラリアの情報が書かれている掲示板を使いました。
イズミ
あの海外の日本人掲示板って本当良い仕事してますよね。笑

リンク

ヒデキさん
いいなと思った求人に電話するって感じでした。でやっと僕も最低賃金の18ドルの日本食レストランで働かしてもらいましたね。

イズミ
最低賃金が18ドルなんですね!
僕がよく耳にする日本人が荒稼ぎ出来る場所は、ファーム(農場)と聞くんですけど、実際はどうなんですか?
ヒデキさん
ピンキリで、しかもファームは田舎に行かないと仕事がないんですよ。

僕が最初に働いた場所はシティジョブ(都心での仕事)だったんですけど、シティジョブではお金を稼げないんですよ。

イズミ
普通は都会の方が稼げるイメージ何ですけど逆なんですね。
ヒデキさん
本当にお金を稼ぎたいのであれば田舎に行くしかない。

ファームに行くなら英語力も高めないといけない。
それでシティジョブで半年働いて、とうとう僕もファームジョブやりますよと。

イズミ
ついに!!
ヒデキさん
とうとうやるぞって時に、元々コンタクト取ってた友達がいて「私が行ったファームジョブは時給換算すると12ドルぐらいにしかならなかった」って聞いたんです。

で調べて見ると、そういう稼げないファームって結構あるんです。
でもその子が次に行ったファームがめちゃくちゃ良い所で、その友達に紹介してもらい念願のファームデビューしました。

(念願のファームデビューを果たしたヒデキさん)

イズミ
行ってみて実際どうでしたか?
ヒデキさん
働いてみたら結構良いところで、時給は23ドルでした。しかも働く場所がファームなので休みの日とかも特別遊ぶ所もなくて、お金が減らないんですよね。

シティにいた時は、結構僕トランプリンとかロッククライミングとかをお金払ってやってたんですね、そういう娯楽にお金をかける事がなくなったので、30万くらいは貯金できるって感じでしたね。
イズミ
トランプリン?
イズミ

日本で月30万貯金しようと思えば結構大変ですもんね!

現地のオーストラリア人はもっとお金を稼いでいるんですかね?

ヒデキさん
シティとファームで違うと思うんですけど、僕正直シティのオーストラリア人がどう稼いでいるかってそんなに詳しくないです。

僕がいたファームには数人オーストラリア人はいたので、やっぱり現地の人達でも来るような、割と待遇の良い場所だったんだと思います。

イズミ
オーストラリア人がいるかどうかが、良い仕事場かどうかの指標という事ですね。
ヒデキさん
そうかもしれませんね。

ファームは時期によって良い悪いがあるので、この収穫時期が終わったらまた違うファームに行くみたいな感じだと言ってましたね。

イズミ
ファームって時給20ドルくらいを超えたら良いファームになるんですかね?
ヒデキさん
ファームってそもそも時給制じゃないんですよね。

僕がいたファームは珍しいパターンで時給制だったんですが、時給22ドル以上もらえる所はいい場所だと思います。

イズミ
他のファームは日当制なんですか?
ヒデキさん
いや、歩合性なんですよ。
なので人によっては歩合制の方が稼げますし、人によっては全く稼げないんですよね。

僕がいたファームはコンスタントにお金を稼げる良い場所だと現地の人も言っていましたね。

イズミ
なるほど。
ヒデキさん
ファームが得意な人は週に2000ドル稼げる人もいたり、日本円換算すると週16万円ですね。
人によっては週3000ドル稼ぐ人もいるみたいです。

だから日本の平均的な給料が週で稼げるんですよ、なのでファームジョブっていうのは夢があるというか。

イズミ
ファーマードリーム….

イズミ
確かに夢がある!!

ヒデキさんは実際お友だちからファームを紹介してもらいましたけど、良いファームを見つけるコツとかあるんですか?

 

 

ヒデキさん
コツは先駆者に聞く事ですね。

僕もまたこれからオーストラリアに戻ってファームジョブに勤しむんですけど、僕の中では来年のセカンドVISAが切れるまでのプランが決まっていまして。

そのプランが固まったのも、ファームを回ってきた先駆者たちに色々な情報を教えてもらったおかげです。

イズミ
ファームは時期によって稼ぎが変わって来るんですか?
ヒデキさん
時期というか、植物の実りによって変わって来るんですよ、いっぱい生えてるとその分収穫量も上がるんで、歩合の場所だと稼げるみたいな感じですね。

時給制のファームはたくさん生えている分、休みが少なくなるので稼げるみたいな感じですね。

イズミ
色んな場所旅できるんでめっちゃ楽しそうですね!
ヒデキさん

やっぱり作物の実りによって稼げる稼げないっていうのが大分変わってくるので、そういう情報を先駆者から聞いて、良い時期にそこに行ってみるみたいな形でみんなやってますね。

イズミ

ヒデキさん因みにオーストラリアでファーマーとしての才能が開花したとかしてないとか。笑

ヒデキさん
才能が徐々に開花していって、スーパーバイザーからは”お前はかなり良いファーマー”だと言われてましたね。
イズミ

インタビューも終盤になってきたんですけど

昔からの夢であったオーストラリアに旅たってみた感想というか、今の心境はどうですか?

ヒデキさん
ファームで働きはじめたのが後半で、シティジョブをしてた頃は全然稼げてなかったんですが、当時のルームメイトのイギリス人達とすごい仲良くなれて英語も上達したので良かったかなと思ってます。

お金以外の事でいうと、オーストラリアには全然白人いないなぁっていうのが印象ですね。中国人、タイ人インド人が多くて、やっぱりアソコは人種のるつぼなんですよね。

イズミ
やっぱりアジア系が多いんですね。
アジアからは出稼ぎに来るって方が多いんですかね?
ヒデキさん
そうですね、やっぱりワーホリが取れたら稼げるので。

それでいうとトンガ人の方が……

イズミ
トンガ人????
ヒデキさん

ポリネシア系の人達でどこに住んでいるのかわからないんですけど、トンガ人がよくタスマニアって所に来るんですよ。

タスマニアには良いファームがいっぱいあって、基本は歩合制なので、タスマニアンドリーム”って言葉があるくらいお金も稼げるんですよね。

イズミ
タスマニアンドリーム。笑
ヒデキさん
トンガの人に関しては本当に一部の人にしかワーホリビザが降りないんですが、そのビザが降りたトンガの戦士達がタスマニアに来て、稼げるだけ荒稼ぎして帰って行くんですよ。笑

トンガの人はファームジョブに全てを賭けて来てるので、仕事もめちゃくちゃ早いらしいんです。

イズミ
本気なんですね。笑
想像できます。

ヒデキさん
なので僕はこれからオーストラリアに帰り、タスマニアに行ってトンガ人と戦いに行くんですけど、絶対負けられないって思いはありますね。

イズミ
仕事やめてオーストラリア行って、気がついたら日本代表になってるじゃないですかヒデキさん。笑
ヒデキさん
叩き潰してやりますよ。
イズミ
爆笑
ヒデキさん

(日本代表として、VSトンガ人との戦いへの意気込みを熱く語るヒデキさん)

イズミ
この質問が最後になるんですけど、ヒデキさんは仕事をやめて、語学留学に行ったり、オーストラリアで日本代表になったり、自分が生きたい生き方をされてると思うんですが、実際行きたくても仕事をやめていけない人とかも多いと思うんですよ。
ヒデキさん
はい、多いと思います。
イズミ
そういった人たちに何かアドバイスありませんか?
ヒデキさん

そうですね、これは万人に当てはまる言葉じゃないと思うんですけど、僕今めちゃくちゃ幸せで楽しいんですね。去年も今年も。

僕は日本で仕事を始めてから仕事やめるまで、正直そこまで楽しんでなかったんですよ自分の人生を。
好きな事じゃないし、僕的には全く面白くなかった。

(神妙な面持ちで当時を振り返るヒデキさん)

イズミ
出会いとかも全然なかったんですか?
ヒデキさん
新しい出会いなども勿論ないです。

でもその環境を抜け出して語学留学行ったりワーホリ行ったり、自分が好きなように生き始めたら、行く先々で親友レベルの友達が結構できたんです。

しかもやってる事もすごく新鮮なので、学生時代めちゃくちゃ楽しかったんですけど、それ以上に今を楽しんでいます。

イズミ
確かにそれはありますね。
そう考えれば僕も今周りにいる人たちは、ほとんど海外がキッカケで繋がった人たちですね!
ヒデキさん
僕はやりたい事やるって決めて、念願だった留学だったりワーホリをやってみたら、勿論その刹那で困難とか、もうこれダメだって思う事も結構あったんですけど、今がめちゃくちゃ楽しいんですよね。
イズミ
ヒデキさんが楽しんでる、それが何よりもの答えですね。

(気持ちが入ってきて、謎の輪っかを作り始めるヒデキさん)

ヒデキさん
幸せになる覚悟さえあれば、自分がやりたい事にフォーカスできるじゃないですか。

周りの人に色々言われたりすると『しっかりしなきゃ』とか思ってしまうんですよね。
僕の場合でいうと、お婆ちゃんとかが言ってくれる訳ですよ。「フラフラしてらんと日本でちゃんと就職せなアカン」と。それで僕が従ってしまって仮に安定した職業についたとしても、俺は幸せじゃないと思うんですよ。

そう思ってしまった瞬間、僕は自分が幸せじゃない事を婆ちゃんのせい、人のせいにしてしまうと思うんです。

人のせいにしてしまうって一番辛いのは自分じゃないですか。

人が何か新しい事をしようと思ったら、そりゃ怖いですよ。
周りの意見を跳ね飛ばして、安定というレールから外れて一人飛び立つっていうのは。

でも、幸せになる覚悟さえあれば、やりたい事に向かって突き抜けれると思うんです。

リュウ
ガクガクガクガクガクガク((゚゚((Д))゚゚))ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク
イズミ
ヒデキさん、カッコ良すぎてカメラマンのリュウの震えが止まりません。

ヒデキさん、貴重なお話し聞かせて頂き本当に今日はありがとう御座いました!!

今回は日本を代表するファーマンのヒデキさんにお話しを聞かせて頂きました、ヒデキさんとはセブからの繋がりなのですが、この人は本当に面白い。

ヒデキさんが今オーストラリアで日本を代表して頑張ってくれているので、僕も日本でどんな困難にも負けずに突き抜けて行きたいと思う。

今回の記事はあまり正確な情報がネットに上がっていない、オーストラリアのファーム情報が入っていたので、これからオーストラリアに行く人などの参考になってくれれば嬉しいです。

ヒデキさん、ありがとう御座いました。
次会った時にまた面白い話しを聞かせてください、僕もとっておきのネタを沢山作っておきます。

ではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です