“How are you ? I’m fine.”いつまでそれ使うの?ネイティブの使い方5選

How are you?I’m fine thank you. And you.

それいつまで使いますか? それとも人間やめますか?

リュウ
すいません。言い過ぎました!ライターのリュウです!
今回はネイティブが使うHow are you?とその答え方を5つ、ご紹介したいと思います!

正直、もう聞くのも聞かれるのも疲れました。
なんですか?「お元気ですか」って?

でも英語を母国語としている人はもちろんそんな感覚で聞いていません。

あくまで会話の糸口であり「Hello」や「Hi」の感覚と一緒なのです。
要するにここで会話にツマっていてはコミュ障まっしぐらってわけです。

ならば!解決策として他の言い回しや恥ずかしくない回答方法で回避しましょうじゃありませんか!

How are you?他の言い回し&答え方

その前に突然ですが、今日からROOTSの公式イメージキャラクターとして『バイブル君』にお越しいただきます。

リュウ
バイブル君ヨロシクお願いします!

バイブル君
……How are you?
(お元気ですか?)

リュウ
I’m fine thank you!!! And you?
(はい。元気です!バイブル君は?)

バイブル君
F**k you!!!
(くたばれ!!!)

バイブル君が怒るのも無理ありませんね。
これは間違いなくどの教科書にも書いてありましたが、海外でこのやりとりしてるの聞いたことありません。

面白い例えがあったので引用させていただきます。

あくまでも例えばですが、1940年代くらいのアメリカに舞台を移しましょう。あなたはカンザス州の小さな農村で暮らす40代の紳士です。人口2,500人くらいのこの町ではほとんどの人が顔見知りです。そして、あなたはコネチカット州に住む従兄弟にクリスマスカードを送るために郵便局にいます。切手を買うため順番に椅子に腰掛けて待っていると、年上の男性に声をかけられます。あなたはその茶色いスーツを身にまとった姿勢の良い老人が、かつて自分が大好きだった小学校の先生であることに気が付きます。

“Hello, Matthew. How are you?”と彼はあなたに言います。彼と会うのは前回の小学校の同窓会以来なので、十年ぶりくらいでしょうか。あなた自身の健康状態は、おおむね良好です。実は細かいことを言うとあれこれと問題はあるのですが、相手を無駄に心配させるべきではないという気持ちもあり、あなたは恩師の目を見ながら言います。

このような時代背景やシーン設定であれば、この返事はおそらく至って自然でしょう。しかしながら、我々が生きている現代においては、少し時代劇っぽいというか、古くさいというか、はっきり言ってしまうとダサい……という印象を受けてしまうのです。

引用元:DMM英会話

この例えから考えるとこのやり取りがどれだけおかしいか。笑

それではどんな聞き方があるのでしょうか?
回答の仕方も合わせてみていきます。

How’s it going?

これは”How are you?”に比べてだいぶ砕けた印象になります。
ただし注意が必要なのは、主語が”It”なので”I’m〜 “とは答えずにこんな感じで答えましょう。

バイブル君
How’s it going?
(調子どう?)

リュウ
It’s going very well. You?
(かなりいいですよ。そちらは?)

バイブル君
Pretty good.
(まぁまぁかな。)

てな感じで、”It”が面倒であればつけなきゃ間違いありませんね

How are you doing?

ニュアンス的にいうと”How’s it going?”よりもさらにカジュアルな表現です!
でもそこまで大差ないのであまり気にする必要はありません!

これに関しては”You”が主語の質問なので答え方は”I’m”ですね!

バイブル君
how are you doing?
(元気にしてる??)

リュウ
Not bad. You?
(悪くないよ。そっちは?)

バイブル君
I’m all right.
(まぁまぁかな。)

What’s going on?

これも上記と同様に友人同士で使うカジュアルな表現ですね!
ただしこれは挨拶以外の使われ方もあるので注意が必要です!

「go on」には「起こる」という意味があるので “What’s happening?(何がおきてんの?)“と同様の意味で使われることがあります。
なので状況を理解した上で答えましょう!

バイブル君
Hey! what’s going on?
(うっす!元気してる?)

リュウ
I’m doing good. You?
(いい感じでやってるよ。お前は?)

バイブル君
I’m good.
(調子いいよ。)

What’s up?

もうこれは言わずと知れた最もカジュアルな表現ですね!
特に若い世代で使われていて、仲のいい友達への単純な挨拶ってニュアンスが強いかもしれません。

バイブル君
Hey Ryu, what’s up?
(リュウ!元気?)

リュウ
Hmm…nothing much.
(うーん、相変わらずだよ。)

What’s new?

これは近況を聞く表現ですね!
ただしこれも”What’s up”と同様にかなり親しげな表現なので使う相手は選びましょう!

バイブル君
Hi Ryu, what’s new?
(リュウ!最近どうよ?)

リュウ
Well actually, last week I got a job!
(実は先週、仕事決まったんだよね!)

バイブル君
Really? Congratulations on your new job!
(まじで?転職おめでとう!)

まとめ

今回は永遠の課題”How are you?”についてまとめてみました!

いかがでしたでしょうか?
この言い回しと答えのボキャブラリーさえ増やしておけば、しっかりとした会話の糸口になるんではないでしょうか^ ^

バイブル君
応援しています。それではまた明日。

 

Twitter @roots_ryu

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です