語学力0のバカでもできた、英語の学び方 / 自習編

義務教育を拒否し続けて壊滅的な語学力だった私がある程度話せるようになった英語勉強法を今回お伝えできればと思います。

私は本当に英語力が本当に0からのスタートだったので、全く喋らないし書けないし聞こえ無い状態の人達の気持ちがわかります、英語を喋りたいという思いを持った日本人は実際めちゃくちゃ多いです。

壊滅的な語学力だが、憧れがあるからSNSなどのプロフィールや一言におかしい英語を書いていたり、カッコいい英文などを調べて書いていた典型的痛い少年時代を過ごしてきました。笑
そんな僕がある程度まで、語学を上達する事が出来た最初のステップをお教えしたいと思います。

一つだけ言える事は、語学は誰でも絶対に話せるようになるという事です!!
それでは本題に入っていきます。

英語を学ぼうと決心したら最初に何をすればいいのか?

最初に参考書を買ってしまうタイプの人は、話せるのはかなり先になってしまいます。
私もそうだったので、、

参考書を買って勉強するという事は英語ビギナーが始めるにはハードルが高すぎるのです!
英語を好きでもない、憧れだけで決意したのに、わざわざ時間を作って集中して英語に向き合う、そして挫折する当たり前のサイクルなんです。

次にやってしまいがちなのが、リスニングをひたすら聞き流すという水の出しっ放しのような勉強法。
コレもビギナーがやるにはレベルが高すぎるのです。笑

言ってる言葉が全く分からない状態(単語が頭に入っていない状態)で耳に入れても言葉の破片が頭に無いので、思考が完全に止まっている状態になってしまうのです。

じゃあ何をすればいいのか?

移動中や何かを待っている時間をスマホのアプリで英語のジャブを自分に打って行きます。

えっそんな事?と思われるかも知れませんが、コレがめちゃくちゃ重要なのです。
要は今まで英語の避けてきた体には英語の免疫がついて無いので、いきなり英語英語と負荷をかけ過ぎてしまうとパニックになってしまうのです。笑

なのでステップ1は英語のリハビリという感じで空いた時間を活用して英語の免疫をつけて行きます。

私のオススメアプリは”REAL英会話””WISDOM”です。

ステップ2、ここでやっと皆大好き参考書の出番です

ステップ1で英語の免疫をつけたら、やっと参考書に手をつける事が出来ます。
ステップ1の期間は個人差もありますが、私は3ヶ月くらいでしたね、英語を本当に話したいのであれば語学は短期的ではなく長期的にやるべきです!!

※なにかの試験を控えてるなどは、また話しが別になりますが。

参考書選びは単語帳(分厚いの)一冊で十分です、私はバカだったのでいっぱい買いましたが。笑
単語帳でひたすら単語を暗記するのが一番の近道です!

単語をある一定数覚え始めたら、リスニングを聞き流して行きます。
ステップ1で文法や英語の雰囲気が頭に無意識に入っているので、ステップ2で単語をひたすら覚えリスニングを流し込む。

↑↑ここまで出来たら、実はやっと英語を始める準備が出来たぐらいです。笑
ただ、簡単な意味や受け答えなどは問題なくなっているはずです。

壊滅的な語学力からスタートする英語まとめ

ステップ1、ステップ2まで行ったら正直もう喋りまくるしか無いです、間違えまくって恥を書いて少しづつ語学力を上げていく事です。

まずステップ2までいけた人は絶対に話せる人です、英語は最終的には勉強を続けれるか続けれ無いかの根性論になってくると思います。
それか、喋らないと生きていけない環境に飛び込むか。

英語を話したいと思っている人へ、続ける事ができれば、ぜっったいに英語は話せるようになります。

なので2年後のペラペラな自分を想像しながら地道に積み上げて行きましょう!!
私も頑張ります、笑

語学をマスターする人と、出来ない人の7つの違い / 海外体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です