日本とは全く違う!屋外での飲酒は逮捕?カナダのお酒事情

カナダで屋外で飲酒したら逮捕されるって本当!?

全世界でお酒の扱いは違います
実際にカナダで留学してみて分かった、お酒に関する情報をビール大好きなこの僕がまとめてみます!

カナダのお酒に関する法律

カナダって実はお酒に関して結構厳しい国なんです。
ほとんどの州では、州からライセンスをもらった決まった場所でしかお酒を買うことができません。

日本はコンビニや、ホテルでは自動販売機で購入できたりしますが、カナダは絶対にそういうところで販売していません。

カナダの多くの州ではまん19歳以上でお酒の購入・飲酒ができます。
(例えば、バンクーバーやビクトリアのあるブリティッシュコロンビア州やトロントのあるオンタリオ州)

中には18歳から購入・飲酒ができます。
(バンフやジャスパー、カルガリーがあるアルバータ州、モントリオールのあるケベック州、それからマニトバ州、プリンスエドワードアイランド州)

しかし、日本人を含むアジア人はとにかく若く見られるので、バーやクラブなどといったところでは必ずといってもいい程、写真付きのIDカードの提示を求められます。

日本の免許証は平成や昭和の年号表記なのでNGです。

カナダでお酒が買える場所

  • LCBO(エルシービーオー):ワイン・ビール・リキュール様々な種類のお酒が手に入ります。
  • The Beer Store (ビア・ストア):ビールを中心に販売しているお店。
  • wine rack(ワインラック):ワインを中心に販売しているお店。

 

ここが特に日本とは違う!

飲み屋もお酒を提供できる時間が決まっている

日本は24時間営業とかよく耳にしますよね!
実際昼から飲んだり朝まで行っちゃおうって日とかはめっちゃ便利だしよく使うと思います。

カナダの場合、レストランやバーなどでは午前3時までの営業と規定されています。
なので1時半などにラストオーダーがあるので遅くから飲むと時間に制限がありますのでお気をつけください。
「なら今から州で決められたお店にビール買いに行こうよ!」ってなると思うのですが、平日でも夜10時にはほとんどの店が閉まってしまうのでご注意ください!

【注意】屋外での飲酒は違法!

カナダのほとんどの州では屋外での飲酒は法律で禁じられています。
2万円くらい取られるそうです。

カナダはオンタリオ湖やビーチなど様々なチルスポットがたくさんあって、そこでビールでも一杯引っ掛けたくなるようなもんですが、絶対ダメです!
気をつけてください。グラスに移して飲んでいても事情聴取されたらおしまいです。

カナダに行ったらこれを飲め!

Canadian(カナディアン)

カナダを代表するラガービールといえば、モルソン社のカナディアンです。日本のビールと比べると軽めの味ですが、のどごしが良く、程よいコクがあってとても飲みやすいビールです。メープルリーフを全面に出したパッケージと、カナダらしいブランド名もセンスがいいですね。

アイスワイン

アイスワインをご存知でしょうか?日本では決してポピュラーな種類のワインとは言えませんが、世界的にはカマンベールチーズと同様に特殊な白カビの効果による「貴腐ワイン」と並んで、甘口ワインの最高峰とされています。

寒さの厳しい地域で、収穫の遅い完熟した葡萄の実が樹上で自然現象で凍ることで、水分量の少ない凝縮されたうま味が生まれる「奇跡の甘味」と称される極上なワインになるのです。

引用元:macaro-ni.jp

 

まとめ

2018年にリカーショップ以外でもお酒買えるという動きが出てきているみたいです!
今現在日本にいるため2018年の新しい情報が入ってきていませんが、僕の情報は2017年の2月時点の情報になります!

カナダはジャンキーで美味しいおつまみもたくさんありますし、クラフトビアーも充実しております!
最高に楽しい留学生活に美味しいお酒も取り入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です