【神アプリ】海外からでも日本版Netflixが!どこの国にもアクセス可能なHotspot Shieldとは?

留学中に発生する厄介な問題「ネットの国境」

この問題はかなり厄介で、みんな愚痴っているのを聞いたことがあります。笑
僕もこの問題はぶち当たりました。
一体全体どんな問題なのかと言うと…

海外から日本の一部のサイトにアクセスできない

という問題です。
僕の場合は、日本でも合法である『オンラインカジノ』というスマホでできるカジノサイトにアクセスできないということでした。
周りの人は『Amazon Prime』や『Netflix』などの動画サイトにアクセスはできても、日本版のものでは無いので、もちろん日本語の吹き替えや翻訳、邦画やアニメなどが見れないといった問題でした。

なんでできないのかを探ると、動画サイトや通販サイトなど、一部サイトで海外からのアクセスを遮断しているサイトがあるとのことでした。
逆も然りですね。
それでは解決策はあるのでしょうか?

はい、あります。

そのサイトがある現地のサーバーを介して自分のIPアドレス(ネット上の住所)を隠してアクセスすることで、アクセス禁止を回避することができます!

僕もこういうのに詳しいわけでは無いのですが、要するにそういうことらしいのです!笑

では、実際に私が使っていたサービスと、そのやり方を見ていきましょう!

 

Hotspot Shieldとは?

米国の企業「AnchorFree」によって、運営されているVPNサービスです。
VPNサービスを使用すれば、IPアドレスを隠すことができたり、公衆無線LANなどでインターネットを利用する際に通信を暗号化することが可能になります。

VPNとは、仮想プライベートネットワークのことです。
パブリックまたは共有ネットワークにわたりトンネルのように機能します。そのため、直接プライベートネットワークに接続されているかのように、インターネットで匿名かつ安全にデータの交換を行うことができます。

 

Hotspot Shieldを使うメリットは?

Hotspot Shield VPNなどの一流のVPNサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 検閲によるブロックの回避を支援
  • IPアドレスをマスク
  • 物理的な位置情報を隠す
  • ユーザーのコンピューターとVPNサーバー間のデータを暗号化
  • ユーザーのブラウジングアクティビティのログが記録されない
  • 他の国からNetflixやYouTubeなどの人気のストリーミングサービスにアクセスできます。

Hotspot Shield VPNは、「Wi-Fi接続を暗号化するためのトップチョイス」です。

 

Hotspot Shieldを使うデメリットは?

私が実際に海外で使い続けて思ったデメリットは、

  • VPNサービスはユーザーのデータを暗号化し、インターネットに接続する前にVPNサーバーに接続することを要求します。そのため、これらの手順により、接続がやや遅くなります。
  • ネット上で騒がれる安全性の問題です。「これは危ないのでは無いのか?」など色々騒がれたりしてますが、私は実際に使ってみて安全に使えました。自己責任ですね!
  • 強いてもう一つ挙げるとすれば、私の用途では無料で使えないということくらいですかね!

 

料金は?無料でどこまで使えるの?

無料版で接続できる国は、アメリカ合衆国だけとなっています。
そのため、無料版Hotspot Shieldを用いると、すべての通信がアメリカのIPアドレスになります。
人それぞれの用途次第ですが、わざわざアメリカのIPアドレスに接続するメリットはあまり無いのでしょうか?

なので私は有料版をお勧めします!
それでは料金を見ていきましょう。

留学中にずっと使い続けることを考えると、1年契約でもありですよね!
1年だと毎月¥720で利用可能なのでコスパは悪く無いかと思います!
毎月720円で日本にいる時と同じようにネットサーフィンができたり、動画サイトを普段通り観れるって考えたら安いと思います!

それでは快適なネットの旅を!

 

ダウンロードはこちらから↓

App名: HotspotShield VPN & Wifi Proxy
デベロッパ: AnchorFree Inc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です