【保存版】ワーホリビザ取得の条件まとめ

カナダのワーホリビザ取得するために必要な条件とは?

これからカナダに留学したいけど、ワーキングホリデーのビザ取得するのって結構大変そう!って思ってる方はたくさんいらっしゃると思います。

結論から言うと、確かに大変です
しかし、しっかりとガイドに従って手続きを進めていけば、誰でもできる作業です。
そんなワーキングホリデービザ取得に関してまず初めに必要な条件というのをまとめていきたいと思います!

ワーホリ生活については下の記事でまとめてありますので参照ください!

日本よりもお金が稼げる??カナダのトロントでのワーホリ生活の実態

 

ビザ取得に必要な条件

原文(引用元:http://www.cic.gc.ca/english/work/iec/eligibility.asp?country=jp&cat=wh

Description: The Working Holiday category is designed for Japanese citizens who intend to travel in Canada and who wish to find temporary paid employment to help pay for their trip (up to 12 months).
Note: As a Japanese citizen, you may participate in IEC only once.

To be eligible for the Working Holiday category, you must:

  • be a Japanese citizen,
  • have a valid Japanese passport for the duration of your stay in Canada—your work permit in Canada will not be longer than the validity of your passport,
  • provide a permanent address in Japan in your work permit application,
  • be between the ages of 18 and 30 (inclusive),
  • have a minimum of CAN$2,500 to help cover your expenses in Canada,
  • have health insurance for the duration of your stay—you may have to present evidence of this insurance when you enter Canada,
  • be admissible to Canada,
  • have, before departure, a round-trip ticket or demonstrate that you will have the financial resources to purchase a departure ticket at the end of your authorized stay in Canada,
  • not be accompanied by dependents, and
  • pay the fees.

上記の原文の箇条書きされているところを翻訳すると以下のようになります。

  1. 日本の国籍を有する
  2. パスポートの有効期限がワーキングホリデーの滞在期間をカバーすること
  3. 年齢が、IEC登録時点で18歳以上30歳以下である (出発時の年齢ではありません)
  4. 最低2,500カナダドル相当の資金を有している (およそ20~25万円)
  5. 滞在する期間をカバーする医療保険に加入できる
  6. カナダに入国できる権利・資格がある事
  7. 往復航空券を事前に購入するか、帰国の航空券を購入できる資金を持っていること
  8. 扶養家族が同行しないこと
  9. プログラム参加費の支払いができること

では一つ一つ見ていきましょう

1.日本国籍を有する人

これに関しては説明は必要ありませんね!笑

2.パスポートの有効期限がワーキングホリデーの滞在期間をカバーすること

初めてパスポートを取得される方は、5年もしくは10年有効なパスポートを取得することになるので心配いりません。
※20歳未満の方は,5年有効なパスポートしか申請できません。

3.就労ビザの申請において日本の本籍住所を提供すること。

この条件は2018年度から追加された条件です。海外在住の方でも、ここには現住所ではなく日本の住所を入れて下さい。(海外の現住所を提出すると却下されます)

4.年齢が、申請書受理時点で、18歳以上30歳以下である (出発時の年齢ではありません)

年齢制限に関する条件です。
申請時点(一番初めの手続きを済ませた段階)で30歳以下なら申請可能です。
※出発時に31歳でも問題ありません。

5.最低2,500カナダドル相当の資金を有している (およそ25万円)

入国時に実際に移民局で資金証明を要求される事は、まずありません。
しかし、せめてこれくらいの資金がないとカナダに来ても生活できませんよ。といった最低ラインみたいなもんですね。実際25万円では生活できませんので余裕を持って留学することをお勧めします。

6.滞在する期間をカバーする医療保険に加入できる

海外保険に加入する事を義務付けたものです。学校へ入学する場合も医療保険加入が義務付けられています。海外での医療費は日本と比べ物にならないくらい高額です。不測の事態に備え自分の状態にあった保険に加入しましょう。

7.カナダに入国できる権利・資格がある事

法的にカナダ入国が出来る人であるといった条件です。海外渡航禁止令を受けていたり、特定の犯罪歴があるといったケースで本来は入国できない人はワーキングホリデーの対象ではないという事ですね。

8.往復航空券を事前に購入するか、帰国の航空券を購入できる資金を持っていること

入国時に帰りのチケットを確認される事はまずありませんが、聞かれた場合は帰国出来る事を証明する義務があります。ワーキングホリデーに限らずカナダに入国する人は、ビザの期限内にカナダを退去できることを証明できるようにしておきましょう。

9.扶養家族が同行しないこと

子供などを連れて、ワーキングホリデーの留学することは出来ません。それぞれ別で申請さえすれば夫婦で行くことは可能です。

10.プログラム参加費を払うこと

申請にかかる費用を支払う必要があります。支払いはクレジットカード(VISA、MasterCard)のみとなります。

まとめ

上記にまとめたものの中で、実際に証明する必要があるのはパスポート程度です。
なのでそんなに心配する必要はありません!

これらの条件は留学を考えている皆さんならクリアして当然といった低いハードルだと思いますので、今後は実際に申請に必要なものだったり手順だったりをまとめていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です