衛生面は大丈夫?フィリピン・セブ島の食事事情

今回は気になるフィリピン飯をご紹介!

僕もフィリピンに行くことが決まった時一番不安だったのが食事環境の問題です。
衛生面や言い方は悪いですが気持ち悪い料理が多いイメージがありました。

でもそんなこともありません!もちろん中には受け付けない料理もありましたが、、笑
なので今回はそんな私がこれは美味しかったよっていう料理だけご紹介していきたいと思います!

まずは定番中の定番『レチョン』

フィリピン料理の定番といえばこれ!
『レチョン』とは丸焼きという意味で、パーティーには欠かせない料理の一つです!
基本は子豚の丸焼きのことを指しますが、アヒルや鶏を焼いたものを屋台で売っているのをよく見かけます!

このレチョンは見た目のインパクトがすごいので、最初はちょっと引いてしまう人も結構いますが

マジでうまい。笑

長時間かけて焼かれるため皮面はパリパリで、お肉はジューシに仕上がっているため最高です。
テーブルの上に置いってある醤油にビネガーと唐辛子のような辛い奴を混ぜ、つけてガーリックライスにバウンドさせれば今日から君もフィリピン人!

料金はお店によってまちまちですが、下の写真はセブ島でレチョンといったら「RICO’S LECHON(リコズ・レチョン)」ってくらい人気のお店の料金表!

1/4kg (1人前)  215ペソ(約460円)
1/2kg (1〜2人前)360ペソ(約800円)
1kg (5〜6人前) 645ペソ(約1450円)

日本で食べたら結構な値段しそうですが、フィリピンなら安い!
僕はいつも1/4kgにガーリックライスとビールをつけて700〜800円程度!
セブで行ったら贅沢飯!

ただし現在はセブ店が閉店してしまったらしく、マクタンに1店舗だけあるみたいです。

次に人気なのがこれ!『シシグ』

これもフィリピン料理の代名詞の一つ!
豚の顔を細かく刻んで、醤油、ビネガー、唐辛子、にんにくで炒めた鉄板料理!
玉子ありかなしか選べるのですが、玉子はマスト!
ビールのお供でもガーリックライスとでも最高に合います。

シシグは庶民的な家庭料理の位置付けでもあり、値段は130ペソ(約280円)程度!おすすめです!

日本でいう豚の角煮『アドボ』

これもまたうまい。日本人の舌にかなり合う一品です!
これもまた家庭料理の一つなので、ローカルレストランなどで食べれば100円もしません!
ちょっと高級なお店や飲み屋で頼むと2倍〜3倍の料金になることもあります。

ここからはローカルフードをご紹介

フィリピンのローカルレストランをカレンデリアと言います。
街中のいたるところに点在しており、日本人からしたらほとんど同じような感じです。笑
ただ、家庭料理なので同じものを作らせても、僕の母親の作る飯と友達の母親の作る飯はやはりちょっとは違いますよね!そのくらいの差です!笑

引用元

日本でいう食堂のような感じで、トレーを持って並び「あれ欲しい」「これ下さい」とオーダーします。
自分で取るところもあれば、指差して「This one」といえば取ってくれるところもあります。(ほとんどのところは取ってくれる)
それで最後に「ご飯いる?」と聞かれるので、ドヤ顔で「With rice」と行ってやりましょう。

僕はもともと偏った食事が多いので、僕がオーダーするとこうなります。

ほぼほぼ一緒の肉料理

これぞ THE・LOCAL

僕の学校があった場所からすぐ側に、スラムとはいきませんがかなり表通りの生活とは貧富の差がにじみ出ている場所がありました。
そこは子供であふれていて、おっさん達も昼間っから爆睡しています。
僕はそこにいるママと仲良くなり二日に一回程度訪れていました。
そのママの家の隣には名前もないオンボロの店があり、そこでは大量のチキンネック(鶏の首)が焼き台でぐるぐる回ってて、オーダーが入るとデッカい包丁でぶつ切りにして米と一緒に出してくれます。

チキンネック(鶏の首)

机にあるビニール袋を手にはめ、酸味の効いたピリ辛ソースをかけ、手でいただくのですが

これがめっちゃうまい。笑

しかも30ペソ(約70円)
ランチはよくここで済ませていました。

夜に行くとママの娘がこんな感じで料理をふるまってくれて、僕は代わりにビールを持って行くという素敵な環境でしたね!

調理工程の写真しかありませんでした。笑

これぞBBQ!『LARSIAN(ラーシャン)』

『LARSIAN(ラーシャン)』はセブで一番有名なBBQを楽しめる飲み屋の集合体です!
適当に気になったお店に入り、食材を選ぶと店員さんが焼いてきてくれます。

フィリピンでBBQは一番有名と行っても過言ではないくらい庶民の生活に染み付いた食事スタイルであり、フィリピン式BBQの1本あたりの串の価格は、5ペソ~20ペソ(10円~50円)ぐらいと格安です!

僕がオーダーしたものがこちら

ゾンビ肉のような見た目のものもありますが全部おいしい!
タレは甘辛のものが多く、肉に関しては鶏か豚しかありません!
(フィリピンでは牛肉は高級が故にあまり出回っていません)

ちなみに僕はここのイカ(写真の一番左)で当たりました。
食べた時中に詰まったワタの取り残しのようなものがまだ生っぽく、「これやったか?」と思ったら次の日軽度の食あたり。
フィリピンでは最初で最後の食あたりでした。笑

まぁやはりその辺は自己責任なのでどうってことありませんがフィリピンで魚介を食べるときはお気を付け下さい!

フィリピン人のソウルフード『バロット』

「何これ」な写真ですが、実はこれバロットというアヒルの卵
お値段は1個13ペソ(32円)で、作り方はアヒルの産卵から10~20日間ほど経過したものを蒸すか、茹でるかするそう。
完全に形が出来上がったものを食すんです。笑
写真のように上の殻を破り、最初は中に溜まった汁を飲む。
その後、殻を半分以上割ってから購入時にもらったビネガーと塩をふりかけパクリ。
味はゆで卵に近いのですが、やはり独特な匂いはありましたね。笑

バロットは移動しなが販売している兄ちゃんなどから買うのが主流。
滋養強壮の効果が期待され、フィリピン人は結構一般的食べるそうです。

気になる飲み物について

フィリピンはドリンクも格安です!
コーラやスプライトの瓶は大体10ペソ(約20円)
水のペットボトルも25ペソとかそんなもん!
(フィリピンは水道水が飲めないので購入必須です)

僕オススメのレッドホース

ビールに関しても330mlの瓶で30ペソとかです!
めっちゃ安いし『レッドホース』という僕オススメのビールはアルコールが7%もあるんでめっちゃコスパいいですよ!
みんなコンビニで購入して、そのままコンビニの前に並べられた机でつまみを食いながら飲むことができます!ぜひ日本でもこの文化導入してほしい。笑

このビールはサンミゲル ライト (San Miguel Light)

一つ気を付けなくてはならないのが、瓶の衛生面です。
これで食中毒になるってわけではないのですが、基本的に瓶は工場で回収されて洗浄したのち使い回しです。なので口のところが錆びています。全部がそうと行っても過言ではありません。
なので飲む前にティッシュかなんかで拭いてから飲みましょう。
僕は最後の方Tシャツの裏面で拭いていました。笑

こんな感じで錆びが付いています。

まとめ

僕オススメのフィリピンの食事を紹介してみたのですが、結論から言うと『結構日本人の舌に合う』って感じです。
フィリピン人は日本人の2倍も米を食べると言われていますし、味付けも醤油ベースのものが多いので嬉しいですね。
ただちょっと甘すぎる味付けもあったり、中には衛生的じゃないお店もありますのでそこは自己責任で選びましょう!

近いうちに『セブ島の日本食』についてまとめますのでお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です