【保存版】ヨーロッパのワーキングホリデー事情/海外体験談

ヨーロッパへのワーキングホリデーで沢山の人が一番苦労する”住まい”と”仕事”探しについて今回は情報をまとめていきます。


多くの人が涙ながらに帰国する、ヨーロッパのワーキングホリデーでの家探し・職探し

留学では、寮がある場所が多いのであまり心配はないですが、ワーキングホリデーに行く人は必ず通る障害が家探しと職探しですが、

その中でも今回はあまり知られていない、ヨーロッパ(ワーキングホリデーの協定国)の家と職探しについて、書いていきます。
ヨーロッパには日本人ホームレスが大量発生しています、短期間で借りてすぐまた家さがしの繰り返しやゲストハウスで泊まり歩きなど、、

家探しや、職探しで苦労しない為の情報を書いていきますので、参考になれば幸いです。

そもそも、ヨーロッパでワーキングホリデーVISAを取れる国ってどこなの??

実は思っている以上に沢山あるのです、、改めて日本人に産まれて幸運だと思う今日この頃です。

UNITED KINGDOM イギリス (首都 ロンドン)

伝統ある歴史と近代的な文化が混ざり合う国、”ザ・おとぎの国”ですね。

あのハリーポッターが現実化する??イギリスに飛んでみた/海外体験記

FRANCE フランス (首都 パリ)

芸術やエンターテインメントが日常と化す場所、”ザ・花の都”ですね。

”花の都”パリ留学・ワーキングホリデー事情

GERMANY ドイツ (首都 ベルリン)

最先端の現代アートが交差する歴史と文化に彩られた国、”ザ・ビール”ですね。

今世界中から視線が集まっている都市ベルリンってどんな所?海外体験記

世界一のCLUBと称される”Berghain (ベルクハイン)”って一体どんな所?

IRELAND アイルランド (首都 ダブリン)

ダブリンの街角に、、なんてオシャレなイメージもありますが、緑豊かな美しい島。
陽気で素朴な人が多いらしいです。

密かに大人気ワーキングホリデースポット、アイルランドってどんな場所なの?

DENMARK デンマーク (首都 コペンハーゲン)

世界一幸せな国としてよくメディアで特集されていますね、美しい島国。

世界一幸福度が高い国”デンマーク”でワーキングホリデーが取れる?

NORWAY ノルウェー (首都 オスロ)

あのオーロラが見える場所としてもノルウェーは有名な場所ですね!!

 

POLAND ポーランド (首都 ワルシャワ)

「ヨーロッパの心臓」とも呼ばれ、数多くの歴史的イベントの舞台となった、東西ヨーロッパの懸け橋!!

PORTUGAL ポルトガル (首都 リスボン)

あのクリスティアーノ・ロナウドでお馴染みのポルトガルですが、日本の文化形成に大きな影響を与えた国ですね!!私は実際には行った事はないのですが近々体験レポート書きますね!!

スロバキア (首都 ブラチスラヴァ)

首都プラチスヴァラは世界一退屈な国と言われています。笑
全てを忘れてボーッとしたい!!何て時にはいいのかも知れません。

AUSTRIA オーストリア (首都ウィーン)

近年人気が上昇してきている、ウィーンでワーキングホリデー!
音楽の街と言われるくらい音楽が盛んらしく、ヨーロッパ一路上音楽なのが盛んなのでしょうか?

HUNGARY ハンガリー (首都 プダペスト)

温泉大国は日本だけじゃなかった??、世界有数の温泉大国のハンガリー自然に囲まれ街並みはヨーロッパ1美しいらしいです、、行ってみたい!!!

SPAIN スペイン (首都 バルセロナ)

去年からスペインはワーキングホリデーが可能になりました、ただ、、現在はスペインは仕事が全くない状態みたいです。なので、まだスペインにワーホリに行くタイミングではないのかも知れません。笑

ワーキングホリデーが開始された、スペインってどんな国?

CZECH チェコ (首都 プラハ)

ここは、20代の世界を旅をしてきた友人達が全員オススメするヨーロッパの国です、まだ私も行けてないので今から楽しみです。

世界中を旅した人が必ずオススメする国”チェコ”ってどんな所?ワーホリも可能??

ARGENTINA アルゼンチン (首都 ブエノスアイリス)

アルゼンチン、、日本の真反対に位置する、豊かな自然とヨーロピアンな雰囲気が魅力の「南米のパリ」と言われている場所です!!

CHILE チリ (首都 サンティアゴ)

あのモアイ像があるイースター島を含むチリもワーキングホリデー提携国なのです、チリにワーホリに行った人に私は会った事がありません、会いたいです!!笑

ICELAND アイスランド (首都 レイキャヴィーク)

有名なのが火山と氷河、『火と氷の島』と呼ばれています。

こんなに多くの国にワーキングホリデーに行く事が可能なのです!!!
ネットで調べるとワーキングホリデーに行くなら100万円は必要などと、嘘の記事が溢れていますが、実際はそんな事は全然ないんです(合った方がいいのは確かです)。

全財産5万円でワーキングホリデーに飛び立った人も知ってますし、手持ちのお金が30万円で3年間の世界旅行に行った人など、、笑
またこの話しは別の記事に書きますね。

今回の本題:家探しと職探しはどうしたらいいの?

今回はこれからヨーロッパにワーキングホリデーに出かける人へのアドバイスです、私自身ヨーロッパでホームレスになった時期がありましたので、、、笑

絶対ホームレスにならない方法を一つに絞ると、入国する前に家と仕事を決めておく。←ココの作業をサボらない事です!!

ここで重要になってくるのは、”それはわかるけど、どうやって?”

実は各国には日本人の掲示板コミュニティーが小さいかも知れませんが、必ずあるのです!!

本当に便利!カナダでの家や仕事の探し方

大きい所ならココ→MIX B(ここにはめちゃくちゃ助けられました)

など大きい所から、小さい所まで、検索すると必ず出てきます!!
こういう掲示版には、家から仕事、友人まで全てが手に入ります。

なので入国する前に、行き先の国の掲示版で動きまくってください。
そしてまず、家と仕事の目処を立てておく事です。

ヨーロッパはルームシェアがメインになっており、まず1人で家を借りるという事はあまりないかと思います。
※理由としては、家賃が高い+手続きがややこし過ぎるという事です。
家探しは思っている以上に難しいです、間借りは出来ても住民票が上げれないなど、、

行く事が決まれば、ちゃんと準備する事です!!

ヨーロッパの家と職探しまとめ

とにかく行先が決まったのなら、準備をきちんとする事に尽きます。笑
入国予定の国の日本人掲示版・現地の掲示版などで動き続けてください、”入国してから決めたらいいやー”では必ず苦労する事になります。
それはそれでもちろんそれなりに楽しい事もありますが!!笑

”行ったらどうにかなるっしょ”の考えで僕もゲストハウスを泊まり歩いた時期があったのですが、使っていたスーツケースの車輪が一つ、また一つと取れて行きただのBOXをもち運ぶという謎の災難に合ったりとかなり大変でした。笑

ホームレスにならない為にも、準備はきちんとして海外で過ごす時間をより有意義に過ごしてください、
応援しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です