お持ち帰り可能?フィリピン・セブ島のキャバクラ事情

お持ち帰りは可能なのか?どんなシステム?料金は?

気になるフィリピン・セブ島のKTV(キャバクラ)情報!
フィリピン留学中、週4日は通っていたKTVマイスターである私が教えします!

KTVとは?

KTV=カラオケテレビの略です。
KTVを簡単に説明すると『日本のキャバクラのような場所で、指名した女の子と一緒にお酒や会話、そしてカラオケを楽しみながらイチャイチャできる場所』といった感じです。

女の子は基本的にはほとんどフィリピンの女の子です。
高級なKTVに行くと、中にはハーフの女の子もいます。
フィリピン人なので基本言語はタガログ語(セブアノ語)と英語しか話せません。
日本人オーナーのお店で中には片言で日本語を喋ってくれる女の子もいますが、日本語は話せないものだと思っていたほうがいいです。

料金やシステムは?

とにかくめちゃめちゃ安いです。

僕が滞在していたホテルから歩いて5分くらいのところにあった『CLUB ACE(エース)』を例にとってご紹介します。

営業時間 19時~3時まで
 セット料金 1時間:お一人様
500ペソ(女性300ペソ)
指名料、飲み物、カラオケ代金込み
追加 指名料 1時間 300ペソ
延長料金 1時間 500ペソ
飲み物:ビール、ウイスキー、焼酎、ソフトドリンク ※割り物(カラマンシー) 50ペソ
キャストドリンク 200ペソ
同伴料金
800ペソ(初回1時間のみ)

 

こんな感じのシステムです。
1時間、女の子を指名してカラオケして飲み放題で500ペソ(およそ1200円)です!
びっくりするくらい安くないですか?笑
1時間バカ飲みしてるだけでも元取れちゃう気がしますよね?笑

指名していた女の子

しかも留学生にとってのメリットとしてはイチャイチャしながら英語の練習ができるということ!
その日に学校でインプットした英語のアウトプットの場としてもかなり使えます!
あらかじめ女の子に留学してて英語を勉強してると伝えれば女の子は全力で協力してくれます!

女の子も入れるし、なんなら女の子は1時間300ペソで遊べちゃいますので、打ち上げの2時回なんかでもよく使っていました!カラオケもできるし!(もちろん日本の歌はなんでも入ってるから安心!)

気になるお持ち帰りは?

結論から言うとお持ち帰りはできません。
と言うのもKTVは日本でいうキャバクラなので、元々お持ち帰りができるようなシステムが組み込まれていません。
(韓国人経営の「Hanabi(はなび)」と言うKTVではお持ち帰りができます。)

ただしお持ち帰りすることが完全に不可能というわけではありません。
女の子あんなコトやこんなコトができる方法を紹介します。

①営業後を狙う

女の子たちはお店が終了すると、そのまま帰る日とダンスのショーの練習をして行く日があります。
なので連絡先をあらかじめ交換しといて直接連絡とって「営業終わりに飯でも行こうよ」と交渉するのも一つの手です!

②デートに誘う

セブのおしゃれなレストラン『ブルーエレファント』

KTVの決まりとして外で会うことが禁止されているということはないので、連絡先を交換しといてデートに誘うことは可能です。
ただしここで気をつけなきゃいけないのは『フィリピーナの遅刻癖です』

ありえんほど遅刻してきます。
周りの人と話してもこの話題はみんなが共通して思っていることです。笑
僕自身KTVの女の子と5回ほどデートに行きましたがとにかく遅刻してきます。
一番最初のデートなんか3時間も遅刻して待てなくなって帰って来たこともありました。笑

貧富の格差が激しいフィリピンでは時間だけは平等という考え方があるようです。
言ってることはわからないでもないんですが、待ち合わせ時間などにシビアな日本人からしたかなり迷惑な話ですよね。笑

ですが郷に入れば郷に従え。ということで僕たちが合わせてあげるしかないので、当日の待ち合わせ時間に「今どこー?」って連絡することをお勧めします。大抵家にいるんで。笑

そんなこんなで仲良くなるとケンカもよくしますが、英語の現況にもなるし、可愛い子もいっぱいいるし楽しいと思います!

手っ取り早くお持ち帰りしたいんだけど

そんな人にお勧めなのは『ビキニバー(ゴーゴーバー)』です!
店内にダンスフロアがあり女の子がセクシーな格好(ビキニなど)で踊っていてそれを眺めながらお酒を楽しむ事も、気に入った女の子と一緒にお酒を飲む事もできます。

Bar Fine(バーファイン)という制度がビキニバーにはあります。

バーファインというのは、バー(飲み屋)に払うファイン(違約金・罰金)という意味です。
要するに「女の子持ち帰るんならお店にその人件費の分払ってネ?」ってことです。
面白い言い回しですよね。笑
バーファインの目安は安いとこで4000ペソ(10000円)〜6000ペソ(15000円)と言ったところです。
ちゃんと行く前にリサーチして行くことをお勧めします!

まとめ

旅行などの短期滞在で手っ取り早く楽しみたいならビキニバー。
留学などの長期滞在で勉強がてら色恋を楽しみたいならKTVと言ったところでしょうか。

どりらにしろ物価の安いフィリピンならではの楽しみではあるので、男女問わず経験として1回は行くことをお勧めします!

ただしハマるとドップリつかっちゃうのでお気をつけください。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です