あのハリーポッターが現実化する??イギリスに飛んでみた/海外体験記

あの名作ハリーポッターのモデルとなっている場所が多数ある、イギリスについて今回は特集したいと思います。

そもそもイギリスってどんな所なの?

名称United Kingdom(ユナイデット キングダム)
首都London(ロンドン)

成田空港からだと直行便で12時間ほどの場所にあります、ロンドンというと日本人であればカッコいいとか街がお洒落な場所だとかを想像すると思います。

実際に行って2週間程滞在してロンドンに感じた事は、想像の通り、いや想像をはるかに超えて街も人も凄くカッコよかった、、、
今回の題名通り、行って知ったのですがハリーポッターのおとぎ話の世界観が至る所にあり、ハリーポッター好きからすると堪らなかったので、今回記事にしてみました。

ハリーポッターとイギリスの関係性

ハリーポッターの著者のJK・ローリングはハリーポッターのストーリーをイギリスのスコットランドの中心エンディバラ市内のカフェでハリーという魔法使いが主人公の夢のある物語を書きはじめました。

イギリスの街並み、石畳や路地、緑豊かな公園など歩いているだけでワクワクします、JK・ローリングもイギリスという国の至る所にインスピレーションを受けていたのでしょう。

それではイギリスの魔法スポットをご紹介したいと思います!!

ロンドン London/キングスクロス駅 King’s Cross Station
“9と3/4番線”

おなじみの9と4/3番線、おとぎの国への改札ですね。
ちなみにここはキングクロス駅というロンドンの中心的な大きな駅です、ここではローブを貸してくれて写真をとってくれる人がいます!!
未だに観光客でかなりの行列です、ハリーポッターの経済効果まじでスゲェーと1人でつぶやきました。笑

オックスフォード Oxford

クライストチャーチカレッジ Christ Chuch

オックスフォードには40の大学がありその幾つかの大学がロケ地になっています、クライストチャーチカレッジはあの食堂とクディッチでおなじみのグラウンドがあります。

ここも完全に観光名所化しており、完全な行列です。笑
ですが入る価値はありかと思います!!

ボドリアン図書館 Bodleiann Library

ここは時間の都合で実際には回れなかったのですが、あのホグワーツの図書館があります、、行きたかった、、近々またロンドンに飛ぶので改めて記事にしますね!!

ニューカレッジ New college

ここはあのロンの車で空を飛んだ末に突撃した大きな木があります、現実世界では何年後に車で空を飛べるようになるのか楽しみですね!!

引用元

などなど、他にも1シーンで使われた場所などはイギリスにはたくさんあります、イギリスに行く際はハリーツアーを計画してみたらより楽しめるかもしれません!!
あのLondonの有名雑誌タイムアウトが地図を作ってくれているみたいなので共有しておきますね。
ハリーマップ

イギリスにはハリーポッタースタジオもあるので気になる方はチェックしてみてください!!
参考記事

ハリーポッターのイギリスまとめ

結論から言うと、イギリス最高です。笑
ハリーポッター好きからするとより堪らないですが、ハリーポッターが好きじゃない人からしても一度足を運んでみたらあの世界観にやられると思います、私もその1人です。

もちろん、イギリスにも注意する点やアングラな場所などもたくさんあるのでまたそれは記事にしますね!
今まで体験してきた事を最近記事に書きはじめて思うのが、やっぱり海外って最高だなーと。
日本ももちろん最高なんだけどね!!笑

なのでもし海外に行きたいなって思ったらすぐに行きましょう!!
何が起きても素敵な思いでになると思います。

素敵な体験をたくさんして、人生をいっぱい楽しんでください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です