セブ島の留学後は学生達はどこに向かうのだろうか? /海外体験記

気になる留学後のキャリア、実際の所はどうなるのでしょうか?
今日は留学生が一番気になる所に切り込んで行こうと思います。

セブ島留学後の進路は皆んなどうするのか?

結論から言うと、セブ島に来る人は皆セブ島以外の国に飛び立って行く人が多いです。
ワーキングホリデー、海外就職、違う国で留学、旅など多いかと思います、実際一番多いのがワーキングホリデーです、その中でもオーストラリアが大人気です。

セブ島はそもそも、英語の基礎力を付けたいと言ってやって来る方が多いのです、理由としてはフィリピン人の英語は綺麗で優しい(スピードが早すぎない)からです。

なのでセブ島には、英語の基礎を身に付ける場所として留学に来る方が多いのです!!

実際のところ、語学力はどれくらい上達するのか?

結論から言うと、ホントーーーーにその人次第です。
真面目に努力を続けた人は必ず話せるようになります、遊びに集中しすぎた人は旅行で使う会話程度しか話せるようになりません。

もともと日本で勉強していて基礎語学を持っている人がセブ島に留学に来るとカナリ語学力が伸びます。
理由は簡単、外国人と会話ができるからです。
英語というものは話せば話すほど上達します。

だからこそ、全く話せない人からすると最初は苦痛に感じて仕方ないのです。
そこで折れるか折れないかが語学の壁なのです。

でも安心してください、海外に移住し6ヶ月もすれば嫌でも話せるようになります!!笑

ワーキングホリデーってどんな仕組みなの?

ワーキングホリデーとは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。原則として、各相手国ごとに一生に一度しか利用できない[1]

査証に関する申請条件などは絶えず変化しているため、申請にあたっては、各国の大使館出入国管理が開設している公式サイトで、公式な情報を確認することが重要である。
wikipedia.

セブ島からも多くの人がワーキングホリデービザを活用し世界に飛び立って行きます。
ワーキングホリデーVISAを利用してどんな国に行くことが可能なのかをご紹介しますね!!

  1.  オーストラリアの旗 オーストラリア

  2.  ニュージーランドの旗 ニュージーランド

  3.  カナダの旗 カナダ

  4. 大韓民国の旗 大韓民国

  5.  フランスの旗 フランス

  6.  ドイツの旗 ドイツ

  7.  イギリスの旗 イギリス

  8.  アイルランドの旗 アイルランド

  9.  デンマークの旗 デンマーク

  10.  台湾の旗 台湾

  11.  香港の旗 香港

  12.  ノルウェーの旗 ノルウェー

  13.  ポーランドの旗 ポーランド

  14.  ポルトガルの旗 ポルトガル

  15.  スロバキアの旗 スロバキア

  16.  オーストリアの旗 オーストリア

  17.  ハンガリーの旗 ハンガリー

  18.  スペインの旗 スペイン

  19.  アルゼンチンの旗 アルゼンチン

  20.   チェコ

  21.   チリ


こんな多くの国でワーキングホリデー協定が結ばれているのです!!
多くの日本人はこんな情報を生涯知ることがありません、日本人である限り世界に飛び出て行くことができるのです!!

やっぱり海外就職は難しいのか?

実際セブ島からアジアに就職は難しくありません、フィリピンを始めアジアが全体的に比較的就職がしやすいと言われています。
ですが、現在もヨーロッパやUSAは依然厳しいのが現実です。

語学力を含めVISA関係など様々な障害はありますが、決して不可能な事ではありません。
海外就職については詳しくまた記事にしますね。

セブ留学後の進路まとめ

セブ島は基礎の語学力をつける場所ととらえワーキングホリデーで海外に挑戦する人が多いのは事実ですが、進路に正解はないので、自分の心からワクワクできる道を自分で決めていきましょう。

応援しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です