留学エージェントは絶対に教えてくれない。カナダのマリファナ事情

2018年10月17日 カナダ全土でマリファナ合法化

こんなニュースが飛び込んできたのは、私がカナダにいた2017年。
日本人からしたら一見驚くようなニュースですよね。
医療目的としてのマリファナ所持・使用は2001年に合法化されていましたが、今回嗜好品としてのマリファナも合法となります。

今のところ、『医療目的のマリファナ所持・使用』が認められていますが、実際現地の状況はどうなっているのでしょうか。カナダで暮らしてわかった情報をまとめてみたいと思います。

 

大麻(マリファナ)

そもそも大麻とは、アサ科の植物、大麻草のことであり、この葉や花穂などを乾燥させたり、樹脂化したりしたものを吸引する。
マリファナは葉を乾燥させたもので、これをタバコのようにして吸煙する。樹脂化されたものはハシシと呼ばれる。
大麻に含まれる「有効成分」は、テトラヒドロカンナビノール(THC)と呼ばれる物質で、これが脳にあるカンナビノイド受容体に結合することで、幻覚作用や多幸感をもたらす。

(出典:現代ビジネス『そもそも「大麻」とは何か?日本がいま考えるべき「マジメな使い方」』)

 

カナダ人にとってのマリファナとは

私が思ったのは、カナダ人と日本人でのマリファナに対する価値観の違い

そして知識の差です。

マリファナ=絶対悪という考え方は古くから日本に染み付いた考え方・洗脳であって
実際カナダ人はタバコやアルコールの感覚で大麻を使用しています。
(なんならアルコールの144分の1しか害がないなどとも言われている)
大麻を擁護するわけではないのですが、日本人は実際大麻とはどんなものなのか一度調べてみることオススメします。

 

カナダ人はマリファナをどう入手してる?

カナダ人は医療用大麻販売店・ディスペンサリーで購入しています。
ディスペンサリーは医療用大麻販売店なので身分証明書と医者から処方される処方箋が必要とされています。

実際必要ありません。笑

私自身ディスペンサリーに行ったことがありますが、パスポートだけで入れちゃいます。
中に入ると完全にキマった店員さんたちが、タイプ別に分かれショーケースに入れられたマリファナをカウンター越しに売ってくれます。
安いのは1gで5〜8$(およそ500〜800円)くらいで販売されています。
日本で売られている違法大麻の約10分の1くらいの値段と言われています。

他にもマリファナのデリバリーサービスも普及しています。
ウェブサイト、もしくはスマートフォンのアプリで注文ができます。
メールでパスポートの写真を送ることで登録ができます。
電話かメールで注文すると約3時間ほどで家の前まで車で届けてくれます。

また、Weed Cafe(マリファナを吸うための場所)なるものもあります。
パスポート見せて、5$払えば入れてくれます。

ただし、10月17日の大麻合法を受けて政府管理下での販売へとシフトするため
個人で販売していた人やお店は淘汰されてしまうことでしょう。

 

留学生たちのマリファナ事情

カナダにいると日常で目にすることが多くなるマリファナ。
街を歩いていると至るところから”臭い”がしてきます。
人種を問わず、犬の散歩をしながら、公園のベンチに座りながら。
特に気にとめる人もいませんが、面白いことに日本人も結構使用しているのを見かけます。

私はトロントの語学学校に通っていたのですが、授業の休憩時間にクラスメイトとタバコを吸っているとそこにいた(同じ学校の)日本人の女の子がおもむろにパイプを取り出しマリファナを吸引し始めました。笑

珍しいっちゃ珍しいんですがそんな光景を目にすることもあります。笑

私の感覚ですが、カナダに留学していて一度もマリファナに関わらずに帰国する人の方が男女を問わず少なく感じます。
タバコは吸わないけどマリファナは吸う。なんて子も。笑

 

まとめ

カナダでマリファナ合法というタイムリーなニュースを受けて記事を書いて見ました。
日本人でも聞いたことがある人もいるかもしれませんが『4.20(フォー・トゥエンティ)』というイベントがあります。
これはカナダに限ったイベントではないのですが『4.20』というのはマリファナデー!大麻の日!ってことです。笑
トロントのダウンタウンでは人でごった返し、煙で真っ白になります。
警察が警備に当たるその光景は日本人からしたら非常に奇妙な光景ですよね。笑

大麻合法の波が全世界で押し寄せていますが、おそらく日本で大麻が合法化することは私たちが生きているうちには起きないでしょう。笑
もちろん合法化された後もカナダで日本人が大麻を所持することは日本の法律で認められません。
しかし、経験として大麻というものに触れることができるのは合法の国でしかできないことです。
日本での生活以上に留学だったり海外での生活は自己責任が求められます。
それをわかった上で、大麻に手を出すということは本人の自由でしかありません。

最後にこれだけは言わせてください。
私は大麻をおすすめしているわけでも、擁護しているわけでもありません。

以上!笑

(追記:カナダで大麻が完全合法化しました。合わせて下の記事もどうぞ)

カナダが先進国初のマリファナ合法化!留学生が吸うのはOK?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です